「通販型」のデメリット

通販型自動車保険の特徴

通販型自動車保険は、文字通り保険を検討している人が保険商品を電話やインターネットなどを使って見積もりや契約などを、通販してプランを考えられるタイプの自動車保険です。代理店を使わずに顧客が保険会社にダイレクトに契約することができるため、安く自動車保険に入ることができるというのが特徴となっています。インターネットを使っているため24時間どこからでも、保険内容を検討することができたり、見積もりを出すなどが可能です。また、対面式とは異なり、様々な条件で見積もりを出すなどもできるため、時間をかけて自分に合った保険内容を選べます。また、複数の保険会社のプランを比較検討が可能です。 一見メリットが多いように見える通販型の自動車保険ですが、対面式の代理店とは違って通販型だからこそのデメリットも多くあります。便利に利用するためには、デメリットもきちんと把握した上で利用することが求められます。デメリット以外にも通販型自動車保険を便利に利用するためには、ある程度通販型自動車保険に対しての知識が求められます。保険内容や自動車保険の用語の意味などを理解した上で、利用することによって自分にあったプランの保険を見つけられます。

保険について知識が必要になる

通販型自動車保険は、代理店を使っていないため人件費の削減などによって他の保険よりも保険料が安くなっているなどのメリットがあります。しかし、デメリットも多いため利用する場合には、しっかりそのデメリットも把握することが大切です。具体的なデメリットとしては、事故対応があまり期待できないということが挙げられます。代理店などの人件費を抑えることで保険料を抑える仕組みになっていますが、事故が起こると様々な処理が待っています。処理には人手が必要ですが、人件費の削減のために人手が少なくなっている通販型自動車保険では、十分な事故対応をしてもらえないことが考えられます。 また、通常の保険会社の場合、窓口でプランの説明などをしてもらえます。困ったことやわからないことががあれば窓口で気軽に相談することもできますが、通販型自動車保険の場合インターネットの情報をもとに自分で内容を理解した上で検討して決めることが必要です。プランを決めるためには、自動車保険についての知識が必要なります。質問があれば、メールなどで聞く必要があるというのも手間になります。また、通販型自動車保険では、満足のいくプランが見つからないケースもあるため十分な検討が必要です。