「通販型」のメリット

都合の良い時間にネット上で加入手続きを済ませることができる

通販型の自動車保険は、損保会社のウェブサイトを通じて都合の良い時間にスムーズに加入手続きができるといったメリットがあります。加入者数が多い大手の損保会社の中には、保険加入の際の必要書類の数を少なくしたり、短時間で審査を行ったりしているところも多くあり、幅広い年齢の消費者の間でニーズが高まっています。また、損保会社によっては問い合わせフォームを通じて24時間相談を受け付けているところもあるため、初めて自動車保険を選ぶ人も安心して手続きを進めることが可能です。 通販型の自動車保険の新規加入者の獲得に力を入れている損保会社では、キャンペーン期間中にネット上で手続きを完了した人を対象に保険料の割引を行ったり、様々な特典を用意したりと様々な取り組みが行われています。そこで、通販型の自動車保険の加入先の選び方について悩んでいるときには、各社の最新のパンフレットや専用のサイトに目を通して、個々の加入者に対するサービスが優れているところを早めに見極めることが重要です。その他、時間に余裕があれば、口コミサイトなどを利用して、国内に本社を構える損保会社と外資系の損保会社の対応の違いについても把握しておくと良いでしょう。

対面型と比べて年間の保険料が安く済むことが多い

通販型の自動車保険は、対面型と比べて年間の保険料が安く済むことが多く、家計の負担をなるべく軽くしたい場合には、補償内容はもちろんのこと、保険料の安さにも目を向けて加入先の候補を決めるのも良いでしょう。損保会社によっては、自社のサイトで他社との保険料の違いについてデータを用いて紹介しているところもあるため、余裕を持って複数の会社の事情を調べておくことが大切です。また、契約プランの内容によって年間の保険料の支払額に大きな差が出ることもあり、まずはシミュレーションを行って予算に合うプランを選択するのがおすすめです。

顧客満足度が高い損保会社の中には、ネット上でいつでも無料で保険料のシミュレーションができるところもあり、自動車保険に詳しくない人でも短期間で理想的なプランを見つけることが可能です。なお、自動車保険の等級については、年間の保険料に少なからず影響がありますが、加入当時の年齢や過去の事故歴などが複雑に関係してくるため、素人にとって上手く理解できないこともあります。そうした中、保険料をなるべく安く抑えたい時は、ためらわずに加入手続きを取る前にオペレーターに等級について丁寧に教えてもらうことが大事です。