自動車保険には、「対面型」と「通販(ダイレクト)型」があります。「対面型」は担当者と直接相談して自動車保険を選びますが、「通販(ダイレクト)型」は担当者を介さずインターネット等で直接自動車保険を契約します。どちらの方がメリットが期待できるのでしょうか。どちらのタイプの自動車保険を選ぶかが非常に大きなポイントになります。それぞれのタイプを検討してみます。

「対面型」の自動車保険

「対面型」のメリット

対面型保険ならではのメリットといえば、やはり保険のプロに直接相談してアドバイスを受けられることでしょう。自動車保険の補償内容は様々なものがあります。似たような名前の保障があり、二重に同じような保障…

Read more »

「対面型」のデメリット

自動車保険には代理店をはじめとした対面型と、ネットで申し込みをする通販型に分かれています。それぞれのメリット・デメリットを理解して自分の価値観に合うものを選んでください。代理店型自動車保険のデメリ…

Read more »

「対面型」選択のポイント

対面型の自動車保険の選び方について知る上で欠かせないのが、まず対面型とはどういうものでどんなメリットやデメリットがあるのかを理解することです。対面型の自動車保険とは保険会社や保険代理店に行って、ス…

Read more »

>

不測の事態に備える自動車保険

「通販型」の自動車保険

「通販型」のメリット

通販型の自動車保険は、損保会社のウェブサイトを通じて都合の良い時間にスムーズに加入手続きができるといったメリットがあります。加入者数が多い大手の損保会社の中には、保険加入の際の必要書類の数を少なく…

Read more »

「通販型」のデメリット

通販型自動車保険は、文字通り保険を検討している人が保険商品を電話やインターネットなどを使って見積もりや契約などを、通販してプランを考えられるタイプの自動車保険です。代理店を使わずに顧客が保険会社に…

Read more »

「通販型」選択のポイント

きちんと事故対応をしてくれるかどうか

通販型の一番のポイントは、価格が安いという事です。通販型を選ぶ人の多くは代理店と比べて価格が安いからという人も多いのではないでしょうか?しかし、価格が安いからと言っていざという時に役に立たなければ意味がありません。通販型を選ぶ時のポイントとして、いざという時に安心して任せられるかということが挙げられます。例えば、24時間きちんと対応をしてくれるかどうか、相手への対応はどうか、などです。もちろん契約している補償内容によって対応に違いはありますが、連絡をしたのに対応まで時間がかかってしまったり、電話での対応態度が悪かったりしては不安になってしまいます。 自動車保険の事故対応は、事故後の対応も重要になってきます。事故当時の対応はよくても、その後の相手方との話し合いがなかなか進まなかったり、結果が一般的なものよりも悪かったりしてしまっては自動車保険に入っている意味がありませんし、信頼も出来なくなります。出来れば事故後の相手との話し合いの進行状況や、支払いの細かな内容などもきちんとしてくれる所が安心です。もちろんこれらの内容は自動車保険会社に直接契約時に聞くことはできませんが、保険会社の口コミなどを参考にして選ぶことが出来ます。

訪問サービスがあるかどうか

通販型の自動車保険というのは、代理店などを介さずに利用できることから費用が安いというのが大きなメリットです。しかし中には代理店のように電話やネットだけではなくきちんと人に対応してほしいと考える人も少なくありません。実は、通販型の自動車保険の中には、オフィスで事故対応をしてくれるだけでなく訪問サービスにも対応しているところもあるのです。訪問サービスというのは文字通り、直接自動車保険の専門スタッフがお客さまのところへ訪問してくれるサービスの事です。 交通事故で一番不安なのは、相手の方が事故によって亡くなられたりケガで入院・通院されたりしたときの対応です。車だけの被害であれば、電話での事故対応だけでも良いかもしれませんが、直接相手の方がケガなどをされた場合には自動車保険会社の人がどのように対応しているのか気になりますよね。そんな時には直接スタッフの方に話を聞いたり、相手の方への対応状況を説明してもらうことが出来たりすれば安心感があります。もちろん、訪問サービスがある自動車保険会社であっても、サービス自体がオプションであることもあります。その為、補償内容をきちんと確認したうえで契約をすることが必要となってきます。