「対面型」のデメリット

通販型より保険料が高い

自動車保険には代理店をはじめとした対面型と、ネットで申し込みをする通販型に分かれています。それぞれのメリット・デメリットを理解して自分の価値観に合うものを選んでください。 代理店型自動車保険のデメリットとして挙げられているのは、通販型よりもはるかに保険料金が高いことです。対面型で最大のデメリットとして挙げられているポイントであり、費用の観点から対面型を避け、通販型を選ぶ人が少なくありません。同じ会社で同じ特約を付けた自動車保険なのに、なぜ保険料が違うのでしょうか。 理由として挙げられているのが手数料です。対面型の自動車保険代理店の場合、契約数に応じた代理店手数料を保険会社からもらいます。代理店手数料はどこから出ているのか、それは契約者の支払った保険からです。代理店として店舗を構えている場合、対面型であっても人件費や家賃をはじめとした費用が掛かります。そのため、ネットで契約できる通販型よりもはるかに保険料がかかってしまうのは、代理店の手数料と経費です。通販型の場合にはインターネットを通じて保険会社と直接契約を交わすことになるため、代理店への手数料や経費が一切かからず、その分安くなっています。

時間がかかって余分な特約が付く可能性

対面型の場合、直接代理店の担当者と対面し、見積もりした内容や自分のライフスタイルに合わせてつけたほうがいい特約についてアドバイスしてもらえます。しかし、直接対面して契約をしなければならないため、時間を作らなければなりません。もちろん代理店側の人間に自分の会社や自宅、近隣の喫茶店など都合の良いところに出張してもらい、対面して見積もりをもらうこともできます。しかし、貴重な時間を使って代理店の人と対話をし、契約するまで説明を聞かなければならないため、ほかのことをする時間を削らなければならないのがデメリットです。 通販型の場合は見積もりも契約もインターネットがつながるところであれば、すぐにできるため、時間を割くことがありません。24時間、好きな時間に見積もりを取り寄せ、わからないことがあればオペレーターや問い合わせフォームから確認し、納得したうえで契約できます。自分で特約について考え、必要か不要か判断して契約できるため、不要な特約を付けることなく、本当に必要な部分だけで契約できるでしょう。 対面型の場合、一見アドバイスに見えてセールストークになっていることも多く、気が付いたら不要な特約が付いていることもあるため、契約前に慎重な判断が必要です。